2人目以降の妊娠は1人目よりも難易度が高い?

1人目の出産を無事迎えることの出来たママの中には、「2人目も頑張って賑やかな家庭にしたい。」と思っている方も多いでしょう。

ただ、1人目の子育てが落ち着いて2人目の妊活をスタートしてみると、なかなか授からずに悩むママも少なくありません。
実は、「1人目を出産することが出来たのだから、2人目も絶対に出来るはず。」なんて言う保証はないようです。
むしろ、2人目以降の妊娠は、1人目の妊娠以上に難易度が高くなってしまうこともあるのです。

その原因としては、まずは年齢的なことが挙げられます。

1人目を出産した時は若くても、2人目の妊娠ともなると、それほど期間を置かなくてもそれなりに期間が経過しているはずです。
女性の卵巣機能は年齢とともに衰えますし、妊娠しやすい質の良い卵子も年齢とともに減少していきます。

さらに、年齢だけではなく、1人目の育児で慌ただしく過ごしていることで、ホルモンバランスが乱れやすくなることもあります。
なので、もし2人目以降の妊娠を望んでいる場合には、可能な限り早めに妊活を考えた方が良いかも知れません。
それから、2人目以降の妊娠が難しくなる原因としては、1人目の出産のよるトラブルも考えられます。

1人目の出産の時に、何らかの異常はありませんでしたか。

産後の肥立ちが悪かったり、出血量が多かったり、胎盤が剥がれにくかったり、感染症を起こしていたり、その他の病気をしてしまったりなどがあると、2人目の妊娠が出来なくなることがあります。

この他には、「元々婦人科系の病気があったり、不妊体質だったけど、運良く1人目を出産できた。」と言う方も、「2人目以降も運良く。」と言う訳には行かないかも知れません。

婦人科系の病気を治療済みだったり、不妊体質が改善していれば2人目以降の妊娠も可能でしょうが、そうでない限りは難しいです。

「なかなか2人目以降が妊娠できない。」と言う方は、まずは原因について考えてみることです。
もし原因が分からない場合には、早めに医師に診てもらって原因が特定できれば、少しでも妊娠の可能性を高められるかも知れません。