カテゴリー別アーカイブ: 脱毛

髪の薄さは遺伝だから仕方ないの?

若くから髪の毛が薄い人は、数多くおられます。だいぶ昔から、「親が薄いので、子供も薄い」とか、「この家は薄毛の家系だ」とか言った事がよく聞かれています。

しかし、本当の事かどうかは半信半疑でした。ただ、ここ最近の髪の毛に関する研究で、薄毛は遺伝の要素があることがわかってきました。なお女性も男性と同じく、遺伝の影響をうけるそうです

遺伝といっても親の髪質が子供に遺伝するといったものではありません。頭皮のどの部分の髪の毛が薄くなりやすいかといったものが、母方のお爺さんから遺伝するそうです。
頭皮には、髪の毛をなくすことに影響を与えているレセプターがあります。様々な刺激によって、そのレセプターが髪の毛を細くなくすように働いていき薄毛が進行していきます。

人によってそのレセプターの数や分布している場所に違いがあります。それによって、頭頂部が薄くなるか、前額部が薄くなるか決まるそうです。レセプターが多く分布するのは、だいたい頭頂部と前額部の2か所であり、薄くなるタイプもこの2タイプがもっとも多くみられます。

遺伝というのは、このレセプターの数や分布している場所が、遺伝していくというものです。ですから、母方のお爺さんが頭頂部に薄毛があれば頭頂部が、前額部に薄毛があれば前額部が薄毛になりやすいということです。

遺伝なら仕方がないと思うかもしれませんが、治療法もいろいろと確立されてきています。

このレセプターというものは、全身にあるものですが、体の場所によっては多い少ないがあり、少ないところから取ってきて、薄毛のところに持ってくるといった治療があります。

それ以外にも、レセプターの働きを抑える薬も開発されています。これからももっと治療法が開発されることを願っています。