misako のすべての投稿

加齢臭を予防するにはどうすればいい?第一の対策

加齢臭とは、人間が年をとると出てくるという体臭のことです。男性も女性も中年以降になると出てくる傾向にあります。

加齢臭という言葉自体が何か嫌な印象を受ける呼び方ですが、専門の研究者が体臭の研究をして実際に発表したことです。年齢を重ねるごとに体臭が変化するということなのですが、それを省略したのか、加齢臭なんて呼び名がついています。

加齢臭以外でも人は汗をかけば、体臭になんらかの影響が出ます。脇の下の汗により悪臭が出るワキガというものがあります。これは脇の下の汗腺に他の体の部位とは違う特殊な汗腺があるため、起こると言われています。

ともかく基本的には汗をかくことにより、これらのいやな体臭が出ます。これらを予防するには、なるべく毎日お風呂に入り、体を清潔に保つことが第一の対策として考えられます。

しかし、ただお風呂に入るだけではなく、脇の下などの汗がよく出る体の部位を重点的に洗う必要があります。特に最近の日本は、初夏や真夏でも気温が高くなりやすく湿度も高い傾向です。雨が降ることも1年を通じて多い国です。

そのため毎日のお風呂で体を清潔にしておくのは、不快な汗による体臭に対してはとても大切で有効な方法になります。

ただ、それだけでは不安な面もあります。人間の体質というのは人により様々で、とにかく汗をかきやすいという人がいます。

真冬でも気温が少し高ければ、汗を大量にかいてしまうという人もいます。最近は冬でも暖房が効いている屋内施設が増えた影響があるかもしれません。

日中にお風呂に入る時間は、普通は中々ないでしょうから、それ以外の方法としては、まず体を冷やしてあげることが考えられます。

汗というのは主に体温が上昇すると出てきます。そのために体を冷やすのが有効ですが、冷やす場所はリンパ節がいいと言われています。リンパ節には血管が集中しており、それを冷やすことで効率的に体の冷却をすることができます。

ボクシングや格闘技などのスポーツで、選手が首を冷やしている姿がよく見られます。これにより体を効率的に冷やして、落ち着かせることができます。

またツボを押してみるという方法もあります。リンパ節と関係があるのかもしれませんが、脇の下から横へ胸のあたりにあるツボを押すと汗を止める効果があると言われています。

このツボを押すことは昔から言われている方法で、舞妓さんが着物をきた時に紐で胸のあたりをきつく縛ります。それにより汗を止めることができて、顔の化粧が崩れることを抑えられると言われています。

その他にもドラッグストアに行けば、とてもたくさんの種類の制汗グッズが売られています。しかし、その前に上記のことを試してみるのが、手軽にできて良いのではないでしょうか。

心がときめくような趣味を持つことはアンチエイジングにつながる

若々しさは、体の容姿ばかりではないと思います。気持ちが若々しくなければ、いくらおしゃれをしても、若々しさは保てないのではないでしょうか。

私は、いくつになっても心がときめくような趣味を持つことが大切だと思います。「気持ち」、「心」が若々しくいられれば、自然と表に現れてくると思います。長い間に渡って続けられるような趣味を見つけて、それに打ち込むことがアンチエイジングにつながると思います。

人は、ほとんどの場合に、年齢とともに体力は落ちてきます。ですから、あまりに体力を必要とする趣味よりも体に負担の少ない趣味の方が長く続けやすいでしょう。

私は男性ですので、男目線の趣味になりますが、例えば釣りなどは良い趣味だと思います。海でも川でも楽しめますし、一口に釣りと言っても、さまざまな釣りがあります。一つの釣り方に固執しないで、いろいろな釣りを楽しんで、「これが一番好きな釣り」を見つけるのも楽しいのではないでしょうか。

趣味の仲間を大切にする

次に、趣味を長く楽しむために大切なことは、同じ趣味を持つ仲間と長く、楽しく付き合うということだと思います。

趣味を持っていても、その楽しさを語り合う仲間がいるのといないのとでは、全然違います。

楽しみを共有して、一杯やったりすれば、釣りをしていなくても、気持ちは釣りをしているときと同じような心のときめきを感じることが出来るでしょう。そういう仲間を大切にすることは、趣味を長く楽しむうえで、とても大切なことだと思います。

初対面同志であっても、同じ趣味を持っているということで、共通の話題が既にある訳ですから、すぐに打ち解けることもできるでしょう。

心ときめく趣味を持って、その趣味を楽しむ仲間を持つこと。これがいつまでも若々しくいるために大切なことだと思います。

無感動になってしまったら心まで年を取ってしまいます。体は衰えても、心は衰えません。これが大切だと思います。

運動をしないで痩せる、はちみつダイエット

ダイエットにはいろいろな方法がありますが、どれも思うような成果を上げる事ができなかったという人も多いでしょう。その理由の一つにはダイエットが辛くて挫折したという人もいます。

運動系のダイエットをしたみたけど、そもそも運動が好きでないとか食事制限ダイエットをしてみたけど、ついつい食べてしまうとか。そこではちみつダイエットをお勧めします。

寝る前に飲むだけ

ダイエットに挑戦する人で多いのは甘いものを制限するダイエットではないでしょうか。でも、これは普段から甘いものを好んで食べる人には過酷ではないかと思います。

ダイエットのためなのだからと一時的には頑張る事ができるでしょう。でも、ほんの一時気の気のゆるみが生じて一口甘いものを口したら止まらなくなり、また別の甘いものを口に運んでしまう。

結果また甘いものをバカ食いしてしまう。これはリバウンドに繋がります。このような状態に陥るのは避けたいものです。ですから突然甘いものを食べる事を断つの得策ではありません。

かといってケーキなどはダイエットには不向きです。そこではちみつダイエットという方法が開発されました。

純粋はちみつがよい

はちみつは手軽に手に入れる事ができるものですが、安いものの大半は純粋はちみつとと記載されて売られています。しかし、実際には砂糖で薄めている可能性があります。

そのため、本物の純粋はちみつかどうか確認しましょう。本物でないのなら結局砂糖を摂る事になるからです。これではダイエットの効果は期待できなくなります。

眠る1時間前に飲めばよい

眠る直前ではなくて眠る1時間ほど前にはちみつ湯を飲みましょう。

睡眠をとる

はちみつダイエットは睡眠中の脂肪燃焼効果を高めるものです。そのため睡眠の量だけではなくて質も大切になります。

今までいろいろなダイエットに挑戦してきたけど、思うような効果が無かった人は、はちみつダイエットを検討してみてはいかがでしょうか?
 

便秘になりやすい人の特徴と対処法

便秘の辛さは、「毎朝でる」というような便通のいい人にはなかなかわからないものです。

筆者も便秘をよくする経験から、便秘になりやすい人の特徴と対処法を考えてみます。

旅行をした時に便秘になる

旅行中は、便秘になる人が多いようです。原因ははっきりしていないようです。海外旅行で便秘になると本当に辛いという話を聞きます。環境や食事の急激な変化、移動で座りっぱなしなどが便秘の原因とも考えられます。

日本のような、温かい便座でウォシュレットつきといった便秘改善に貢献してくれる公衆トイレや高級ホテルでさえそんな豪華なトイレは海外にはめったにありません。固い便がつまった時には、何時間便座でがんばってもでない、痛いというかなんともいえない苦労です。せっかくの海外旅行も台無しになってしまいます。海外旅行に行く際には、便秘しやすい人は便秘薬や便を柔らかくするお薬を携帯しましょう。

また、旅行中の食事も脂っこいものや、甘いものはなるべく避けて、お野菜をとるように心がけたいものです。

定期的な検査

便秘をよくする人は、もしかすると大腸などに癌などの重大な病気を抱えているかもしれません。また便が細かったり血便なども注意が必要です。定期的な大腸ファイバー検査をすることをおすすめします。

検査の結果、特に異常がみつからなかったとしても、便秘しやすい人にはこの検査の前に下剤をたくさんのむことで検査に備えることから、普段たまっている頑固な便なども排出し腸の中がきれいになるので検査の終わった後は、すっきりして気持ちいいです。定期的に是非検査を受けましょう。

便秘解消に良く効く食品

便秘の解消に良い食べ物を意識して日々の食事にとりいれましょう。代表的な便秘によいとされる食品は、ヨーグルトです。ビフィズス菌や他の乳酸菌が腸の中で活発に働いて排便を促してくれます。

頑固な便秘で苦しんでいる方におすすめは、プレーンヨーグルトでブルガリア菌、サーモフィルス菌、アシドフィルス菌など何種類か配合されたものです。注意したいのは、毎日食べていると耐性がついてしまうのか、排便の促進力が弱くなっていくようです。

1週間おきなど日をおいて摂取するのをおすすめします。

また、便秘によく効く食品としてオリーブオイルもあげられます。揚げ物の時に、サラダ油からオリーブオイルにかえるなどお料理に積極的にとりいれたいものです。

運動不足の解消

運動不足から腸の動きが悪くなって1週間も便秘という話を聞きます。女性は特に冷えなどもありますし、年齢を重ねるごとに運動をするのが億劫になりがちです。腹筋を使う運動やヨガなど便秘解消におすすめです。

便秘は、市販のお薬や浣腸で解消できますが、薬もそのうち効き目が悪くなります。食品や運動などに気をつけて快便生活を目指したいですね。

2人目以降の妊娠は1人目よりも難易度が高い?

1人目の出産を無事迎えることの出来たママの中には、「2人目も頑張って賑やかな家庭にしたい。」と思っている方も多いでしょう。

ただ、1人目の子育てが落ち着いて2人目の妊活をスタートしてみると、なかなか授からずに悩むママも少なくありません。
実は、「1人目を出産することが出来たのだから、2人目も絶対に出来るはず。」なんて言う保証はないようです。
むしろ、2人目以降の妊娠は、1人目の妊娠以上に難易度が高くなってしまうこともあるのです。

その原因としては、まずは年齢的なことが挙げられます。

1人目を出産した時は若くても、2人目の妊娠ともなると、それほど期間を置かなくてもそれなりに期間が経過しているはずです。
女性の卵巣機能は年齢とともに衰えますし、妊娠しやすい質の良い卵子も年齢とともに減少していきます。

さらに、年齢だけではなく、1人目の育児で慌ただしく過ごしていることで、ホルモンバランスが乱れやすくなることもあります。
なので、もし2人目以降の妊娠を望んでいる場合には、可能な限り早めに妊活を考えた方が良いかも知れません。
それから、2人目以降の妊娠が難しくなる原因としては、1人目の出産のよるトラブルも考えられます。

1人目の出産の時に、何らかの異常はありませんでしたか。

産後の肥立ちが悪かったり、出血量が多かったり、胎盤が剥がれにくかったり、感染症を起こしていたり、その他の病気をしてしまったりなどがあると、2人目の妊娠が出来なくなることがあります。

この他には、「元々婦人科系の病気があったり、不妊体質だったけど、運良く1人目を出産できた。」と言う方も、「2人目以降も運良く。」と言う訳には行かないかも知れません。

婦人科系の病気を治療済みだったり、不妊体質が改善していれば2人目以降の妊娠も可能でしょうが、そうでない限りは難しいです。

「なかなか2人目以降が妊娠できない。」と言う方は、まずは原因について考えてみることです。
もし原因が分からない場合には、早めに医師に診てもらって原因が特定できれば、少しでも妊娠の可能性を高められるかも知れません。

毛穴の黒ずみに簡単に出来るセルフケア

年齢を重ねて、鼻やその周りの毛穴が目立つようになりました。毛穴引き締め効果のある、黒ずみ対策のクリームや美容液を色々と試してきましたが、これといって効果がわからないままでした。

乾燥肌の私には合っていなかったようで、毛穴対策の美容液やクリームを塗った場所は乾燥してしまい、パリパリした皮膚状態になってしまいました。これはマズイと思い、自分の肌に合ったケアを見直してみることにしました。

まず、クレンジング後にフェイススクラブを始めました。毛穴の目立つと所を念入りに、丁寧に行います。その後、洗い流すタイプのパックをします。保湿効果の感じられるものを使用して、こちらも毛穴の黒ずみの場所に重ね塗りします。

しっかり洗い流してから、いつものスキンケアを行います。汚れをきちんと取るケアを始めてから、化粧水の吸収力がアップしたのを感じています。いつものスキンケアも、化粧水のコットンパックを始めに行います。

鼻や鼻周りの部分に貼って少し時間を過ごし、最後はクリームでしっかり蓋をしておしまいです。特に毛穴対策用のものを使うことはせず、汚れや角質を除去すること、それから保湿をメインに切り替えてから、肌状態が良くなったのを感じられるようになりました。

乾燥肌と肌が弱い体質ということもあり、毛穴の黒ずみをケアするような、貼るタイプのパックもトラブルが起きてしまいましたので、自分なりに出来る方法を考えました。毛穴の黒ずみがあると、メイクもいつも以上に時間が掛かりますし、肌がくすんでいるような暗い印象も感じます。

メイクをする時は、コンシーラーやコントロールカラーのファンデーションを使用して毛穴のカバーをしてきました。ただその分メイクが毛穴に入り込んで、残っている感じがしたので、クレンジング後にスクラブをプラスしました。

これだけでとてもスッキリとしますし、汚れがとれたのを実感出来ました。毛穴の黒ずみやいちご鼻で悩んでいる方には本当にオススメしたいアイテムです。

葉酸は水溶性のビタミンB群の一種で貧血防止効果あり!

葉酸とは水溶性のビタミンB群の種類です。

ビタミンというとビタミンCとかを思い浮かべる人が多いかもしれませんが、葉酸は、水溶性のビタミンBの仲間です。

葉酸は、ほうれん草から発見されたビタミンBの一種です。化学名で言うと長い名前ですがプロテロイルグルタミン酸です。

葉酸が妊婦さんに必要と言われているのか?

特に妊婦さんには葉酸が必要です。なぜ必要かと言いますと、妊娠の初期に葉酸が不足すると退治にリスクが高まります。
また、妊娠すると栄養を取られるので、たくさんのビタミンが必要になります。

葉酸を摂る事で、神経管閉鎖障害が起こるリスクが低くなります。厚生労働省では妊婦が一日に必要な葉酸の量を推奨しています。

一日に摂取するべきの量は、0,4mg(480μg)です。妊娠していない人の摂取量は240μgです。

妊娠前から妊娠中の葉酸の摂取をお勧めしています。

葉酸の働きとは?

葉酸は、タンパク質や核酸(DNA、RNA)の合成に関わっています。

私達のカラダは遺伝子の情報により作られているのです。正常な細胞の増殖を助けてくれます。

お腹の中にいる赤ちゃんが成長するのに必要です。通常よりも2倍摂取するように心がけましょう。また、貧血の防止にもなりますし、動脈硬化の予防にもなります。

葉酸の食べ物にはどんなものがあるの?

ほうれん草や小松菜、ブロッコリー等の緑黄色野菜。また、豆類、レバー、焼きのり、抹茶、うに、枝豆、モロヘイヤ、パセリ、うなぎ等です。

食品から葉酸をとるときに注意したいのが、調理する際にはゆがく事は避けたほうが葉酸も体に吸収しやすいのですが、ゆがかないと食べれない食品の場合は茹でる時間を短くしてみてください。

また、ほうれん草や、小松菜でしたら、油で炒めることお勧めします。油で炒めると葉酸をそのまま体に吸収する事ができます。

妊娠中は葉酸を取らないといけないのですが、あまり神経質にならないで妊娠生活をエンジョイしてください。

葉酸サプリと一緒に食べ物で摂取する事も良いですが、まずは、産婦人科や助産婦さん栄養士さんに適切なアドバイスを受けるのがいいです。
ベルタ葉酸 買ってはいけない

酵素ダイエットを実際にやってみた感想

酵素ダイエットがいいということを知ってからだいぶ経ちます。
この言葉を知ったとき、難しい技術が必要なダイエットでもなさそうだし、やってみようかなと思って酵素が豊富な食材を調べました。

それは納豆、生野菜、フルーツなど、私が普段から食べているものが多かったので、間食やお肉などをひかえたら、簡単に実行できると思いました。

しかし、酵素とはいったい何なのか、体にどんな働きをするものなのかということを知りませんでした。

それを知らないとダイエットにいいかどうかわからないですから、酵素の働きについてちょっと調べてみました。
それでわかったことは、酵素は体の中に入った食べ物を消化する働きがある、ということです。そういえばスムージーを飲んだときに、いつもよりお通じがよかったですが、これはたぶんスムージーに含まれる酵素を摂取したからだと思います。
お通じがよくなれば、それだけでもダイエット効果がありますし、健康にいいです。酵素ダイエットとはこういうことかもしれません。
ダイエットをするために、どれくらいの量の酵素をとればいいのか・・、普通の食材で酵素ダイエットをする場合は、どれくらいの食材を食べればいいのかわかりません。

分量がわかりやすく、必要なだけとれるのはサプリや酵素ドリンクです。普通の食材には酵素以外の栄養もあるから、食べ過ぎると太るし、栄養の偏りが出てしまうかもしれません。

それよりもサプリかドリンクでしっかり酵素をとって、他の食事は今までどおりとるのがいいかもしれません。
とはいっても、酵素だけではダイエットになりません。代謝をあげることも必要で、そのためには運動することも必要です。
酵素はダイエットをしやすくするためのものだと、私は考えています。基本は食事と運動で、さらに酵素で消化がよくなればお肌もきれいになるし、お通じがよくなれば体が少し軽くなって運動がしやすくなる・・、このようないい循環を作れたら、美容だけでなく健康にもいいと思います。

すっぽん小町にはリフトアップ効果もある?

もともとわたしは血流が悪く、顔色が常に土気色で、朝にも弱くて、毛穴も常に広がっていたので困っていたのですが、すっぽん小町を飲み始めてからはそういった悩みの大部分が解決しました。

すっぽん小町はもともと、美容のためというよりも元気になりたくて使い始めたのですが、実際に使ってみたところ本当に色々なことに効果があったのでびっくりしました。

シミも小さくなるし、肌は白くなるし、血流が良くなるからか胸までワンサイズ大きくなるし…。

あまりにも色々なことに効果がありすぎて怖いくらいなので、友達には一切押してないようにしています。

最近では友達からも主人からも「いきなりキレイになったね」と探りを入れられるのですが、すっぽん小町のことはナイショです。

だってこんなに即効性があってしかも体調だけでなく美容にも効果があって、メンタル面もカバーしてくれるような飲み物は産まれて初めてですし、教えたらすぐに流行ってしまうことがわかっているから、教えたくないのです。

すっぽん小町にはリフトアップ効果がある!?

すっぽん小町を使ってみていちばんビックリしたのは、リフトアップ効果があるということだったかもしれません。
飲み始めてからはほうれい線も随分薄くなりましたし、目尻の皺まで小さくなりました。

こんなに肌が若返ると思っていなかったので、「こんなに効果があるのにこのお値段でいいのか」という感じなのですが、飲めば翌日に肌がぷるぷるになりますし、案外ちょっと飲むだけで効いてくれるので、最近では量を調整しつつ大事に飲んでいます。

どのくらい飲むとどういう風に効くのかが最近ではわかるようになったので、少しずつ飲むようにしていますしそのおかげか、コストパフォーマンスは最強です。

すっぽん小町を知らなかったころのわたしは何だったの?と思うほど、最近ではすっぽん小町に頼り切っています。

すっぽん小町の口コミを見てみてください。すごいですよ、このサプリメント。

キレイになりたい、という夢だけでなく、精神的にも元気になりたい、若返りたい…と思っていたのですが、まさかこれ一つで大体の願いや悩みが叶ってしまうとは思ってもみませんでした…。

酵素が身体に良いのはなぜ?

よく聞く名前の酵素ダイエットとは何なのか?と思う人も多いと思います。
私達の体の中にはたくさんの酵素が存在しています。
その種類には約400種類とあります。
でも、私達の年齢とともに酵素も少なくなります。

酵素は、タンパク質の一種です。その中にある消化酵素と代謝酵素があります。
まず、消化酵素とは、食べた物を分解し、吸収する手助けをします。
消化酵素は、タンパク質を消化、吸収のアミラーゼ、タンパク質の消化、吸収するプロテアーゼ、脂肪の吸収、消化するリバーぜがあります。

これらの消化酵素が私達の体の中で働いていてくれているおかげで
消化分解されて小さい栄養素となり体に吸収されます。

そして、代謝酵素は、吸収された栄養を体の中にある細胞に運ぶ役割があります。

新陳代謝屋自然治療力の促進、脂肪分解、毒素の有害物質を取り除き免疫力アップ等の私達の体を健康に保ってくれるたくさんの代謝酵素があります。

そして、食べる時によく噛んで食事をする事は非常に大事なことです。
口の中にある唾液アミラーゼという消化酵素が分泌されてデンプンを消化してくれるからです。

消化酵素は食べ物から摂取することができます。
毎日食べている食事の中でも酵素が含まれています。
たくさんの酵素を体内に取り入れるだけで
体内の潜在酵素が減るのを防ぎ、新陳代謝が良くなります。
健康新陳代謝がよくなると脂肪が燃え、痩せやすい体になります。

また、食事では食物酵素をたくさん食べると良いと言われて言われています。食物酵素と言われているのは生の食品、刺身、生野菜、生の果物、発酵食品です。

体の中にたくさん酵素を取り入れて体の中から健康、そして美しくなりましょう。いつまでも若々しくいるためにも・・・アンチエイジングにも最適だと思います。